《おかやま環境ミーティング》取材

8月5日に岡山コンベンションセンターにて開催された「第7回 おかやま環境教育ミーティング」に取材に行きました。


SDGs(持続可能な開発目標)の先進県でもある岡山で様々な環境、活動、研究をしている団体や人がブース展示し自由に交流する事が出来るこのミーティングに岡山大学教育学部付属中学校 第2学年 科学研究(環境・防災)チームも竹島先生、坪田先生と共に今年初めてブース展示をしていました。

会場は、展示51チーム。参加者約208名。

とても活気があふれていて、子供達は、ブースに来てくださる沢山の方々に、ドキドキしながらも慌てる事なく、一人ひとりに丁寧に自分の研究のプレゼンをしたり、アドバイスを貰って学びをより広げ深めていました。



準備から、片付けまで自分達で


午後の分科会では、「ファッションを通して見る世界」に参加し、コットンを育てるのに沢山の水が必要である事を知り、消費者として今後どんな選択をしていくのかを真剣に考えていました。


また、竹島先生と坪田先生へのインタビューでは、「広い視野を持って知らない人との交流をする事が人間力を育むんです。」と言うお話を頂きました。

先生自身が広い視野と高い意識を持って、世界や社会と附属中学生とつなげようと考えて下さっている事、その様な環境に子供達が居ることを本当に有り難く思いました。



このミーティングのコンセプト

参加者一人ひとりが《つながり・知識・スキル》を得て

次のアクションを見つける事を目指している。


と言う素晴らしい経験が、これからの明るい未来を育む事を実感しました。

岡山大学教育学部

附属中学校​PTA

© 2018 岡山大学教育学部附属中学校PTA