top of page

令和5年度岡山市PTA教育講演会

5月20日(土)岡山プラザホテルにおいて開催された、アルピニスト野口健さんの教育講演を拝聴いたしました。


演題 「人と人の輪がひろがる幸せから~人間力を育む」です。


1999年エベレスト登頂、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立された野口さん。山に魅了されたきっかけは、高校生のときに読んだ植村直己氏著書「青春を山に賭けて」に感銘を受けたからとのこと。今の附属中生のなかにも同じように、なんらかのきっかけから熱い思いと夢を描いているお友達もいるのかもしれないと思うと胸高鳴りました。

 過酷な登山で生死をさ迷いながらも「登頂」というミッションをコンプリートするための生々しいお話が続きましたが、行き着く結論は、

「人生は、自由であり、決断と責任の連続であること」、すなわち、「自分は何が好きで何をしたいのか制限なく決めることができ(自由)、しかし決めた以上(決断)、今いるところで成し遂げる責任があるのだ」ということでした。

野口さんは現在、山々に散乱するゴミ問題に着目し清掃登山を開始、その活動は裾野を広げ地球温暖化による氷河融解防止対策、日本兵遺骨収集、熊本大震災でのテント村運営までに及ばれています。

環境のため、地球のため、行動されてこられた利他の心そのものが「野口健」であり、その行動から人と人の輪を広げ、関わる人々へも大きな幸福感をもたらし続けておられるのだと改めて感動いたしました。


Recent Posts

See All

令和6年度 岡山市PTA教育講演会

〇5月18日、岡山プラザホテルにて 〇講師:村中 由紀子さん(山陽学園短期大学名誉教授) 〇演題「子どもの将来を見越した子育て」~幸せ感に根差した自尊感情を育むには~ 「私たち親は、子どもたちを大人(=自分で自分の心も体も養える)にしなければなりません」という言葉から始まった村中先生の講演は、ご自身の育児経験や関わってこられた親子の話を笑いあり涙ありで語られ、一時間半がとても短く感じるほど興味深

Comments


岡山大学教育学部

附属中学校​PTA

bottom of page