top of page

保護者参観週間②(令和4年7月1日~8日)


社会:都市化が進む東南アジアは経済発展によってどのような課題を抱えたかについて、グループごとに発表をしていました。






数学Ⅰ:「等しい」を式で表現しよう。

等式についての授業でした。例題を理解した後、リスニング問題に取り組んでいました。



国語:「ねこは必死で逃げるねずみを追いかけた。」の例文で、「ねこ」と「ねずみ」どちらが必死なのかがわかるように句点を用いると、文章の意味が正確に伝わることを学びました。



英語:「英語の構成を知ろう」自分たちの理想のロボットを考え、それを英作し、英語の構造を理解していました。




美術:「からだで感じ取ったこと」⇔「美術」と「音楽」で表す。

「時の流れ」を感じたり、考えたり、創造したりする。学校を散策して音を自分で感じて、絵や物で表現していました。最後に相互鑑賞の時間があり、1人ずつ作品を見せながら「何を体で感じたのか」「だからこのような美術作品にした」「このような音楽の作品にした」とクラスメイトに伝えていました。



Recent Posts

See All

令和6年度 岡山市PTA教育講演会

〇5月18日、岡山プラザホテルにて 〇講師:村中 由紀子さん(山陽学園短期大学名誉教授) 〇演題「子どもの将来を見越した子育て」~幸せ感に根差した自尊感情を育むには~ 「私たち親は、子どもたちを大人(=自分で自分の心も体も養える)にしなければなりません」という言葉から始まった村中先生の講演は、ご自身の育児経験や関わってこられた親子の話を笑いあり涙ありで語られ、一時間半がとても短く感じるほど興味深

Comments


岡山大学教育学部

附属中学校​PTA

bottom of page