母親委員会

7月3日(水)、勤労者福祉センターにて開催されました、母親委員会に出席しました。中ブロック(富山、高島、東山、操南、竜操、操山)の方と「PTA活動に関して」「部活動縮小について」の2点の情報交換を行いました。


<PTA活動に関して>

・次年度の本部役員を決める際は推薦という形をとり、現役員が該当の保護者の方に直接連絡をしたり、自宅を訪問することがある。

・例年通りに活動するのではなく、本当に必要かどうかを検討しながら活動をすすめている。

・役員や委員には特典(車での来校許可、行事での専用の席など)がある為か、立候補が多い。

・小学校1校からの為、保護者、教職員の人数に限りがあり、行事の際は負担がとても大きい。


<部活動縮小について>

・部活動以外でやりたい事が見つからず、休みの日には、体を休めるというより、家でスマホをしたりイオンに行ったり、なんとなく過ごすだけになっている。

・練習量が少なく試合に全く勝つことができないと、モチベーションを保つのがとても難しい。

・親が練習場所を借りて自主的に練習をしている。⇔ボールを使える場所がほとんどない為、自主的な練習は難しい。

・「継続することが大切なのに、休みが多いので感覚を忘れてしまう。」「練習時間が短いから経験者には追い付けないかも…。やってみたい部活に入部しづらい。」という子どもたちの声がたくさん聞かれる。


以上、各学校の情報が共有され、有意義な会となりました。

岡山大学教育学部

附属中学校​PTA

© 2018 岡山大学教育学部附属中学校PTA