2021市総体(3年生最後の公式試合にむけて)

この夏、東京では、17日間の「東京2020オリンピック競技大会」が行われました。

TVに映し出されるオリンピックアスリートの輝かしい活躍は、

束の間、暗いコロナ下の私たちに希望と勇気、元気をもたらしてくれました。


同様に、猛暑の中、市総体に向かって練習をする附中アスリート達にとっても

モチベーションを高める大きなきっかけになったと思います。


オリンピックでは、体操の内村選手が鉄棒予選で落下してしまい

その時、後輩である橋本選手は、

「先輩の代わりに僕が金メダルを取って内村選手の首にかけます」と宣言し、

負の連鎖に飲まれることなく、完ぺきな演技で、劇的な金メダルを獲得したシーンには、

心が震えました。


この、先輩と後輩の絆もアスリートならではの醍醐味だと感じました。


中学校の部活動でも「先輩・後輩」という人間関係が大切です。


そこで、3年生の最後の公式試合となる市総体の練習に励む附中アスリート達に

「後輩から3年生へ」

「3年生から後輩へのメッセージ」をインタビューしました。


*備西夏季大会で3年生が引退した部もあり、そういった部にとっては市総体は1・2年生だけで戦うデビュー戦でもあります。それに向けての目標もインタビューしています。


動画ダイジェスト版でご覧ください。

【3年生最後の市総体】




1陸上競技部

2ソフトテニス部

3剣道部

4バレーボール部

5バドミントン部

6バスケットボール部女子

7バスケットボール部男子

8卓球部

9野球部

10サッカー部

~エンディング~









岡山大学教育学部

附属中学校​PTA