キャリア教育「職業人に学ぶ」講演会 Part1取材



11月10日 附属中学校多目的教室にて、卒業されて50年になる(19期生 近藤 理(こんどう ただし)さんのご講演に2年生の生徒の皆さんと参加させていただきました。

     アジア開発銀行を2012年1月に定年退職され、退職後の今は、

     ・ADBの仕事のアドバイス、キャリア指導 ・京大で講演や進路指導

     ・私立高校で研究テーマの決め方、発表の仕方、まとめ方の指導

      (グローバル人材を育てる教育の一環 英語で)

     それらをボランティアでされています。

海外生活の中で、大地震・大洪水・大停電など様々な経験をされており、「想定外の事は起きるもの」、その時に動じず対応できる事が責任ある社会人としての姿であり、自分が何かをする時、「big picture(全体像)」を描いておく事が大切と、ご講演されました。

また、グローバルな視点を持ち、水1杯飲む時にも「Water Footprint = 水の負荷」(牛肉を1Kg作るのに、1500ℓの水が必要と言われています)についても少し考えてほしいことなど、日頃考えることのない新しい視点で、明日からの世界観が変わるよ

うなご講演でした。



生徒の皆さんに

記念品をいただきました。SDカードにADBの詳しい資料が

入っているそうです。


岡山大学教育学部

附属中学校​PTA

© 2018 岡山大学教育学部附属中学校PTA