創立70周年記念式典・記念公演



岡山大学教育学部附属中学校は、創立70周年を迎え、11月11日(土)に記念式典及び記念公演が執り行われました。今年は、体育館が新築工事中のため、場所を岡山シンフォニーホールに移して開催されました。

 1965年(昭和40年)に附属中学校にできた体育館が、2017年6月に52年間の役割を終えました。

新しい体育館は、2018年2月末に完成予定です。



              新体育館完成予想図

         52年間ありがとう

記念公演は、在校生への文化芸術的催事の提供、地域社会への貢献、同窓生相互の親睦と交流の活性化の3つの目的で、同窓会の方々が5年おきに開催してくださっています。

 今年は、ボサノバ歌手の小野リサさんをお招きし、「心をいやすボサノバな時間」というテーマで素敵な歌声を聴かせていただきました。

 曲の合間で、曲やボサノバのリズムを生徒達にもわかりやすく説明してくださり、日頃ボサノバに馴染みの無い人でもボサノバを身近に感じながら、最初から最後まで小野リサさんの暖かくて柔らかい素敵な歌声にひきこまれるような魅力あふれるコンサートでした。同窓生の方々にご尽力 いただき、生徒 達が「本物」に 触れる、素晴ら しい機会とな りました。


Recent Posts

See All

第二回母親委員会

11月27日、第二回母親委員会が岡山市勤労者福祉センターで開催されました。開会挨拶の後、山陽学園短期大学名誉教授・臨床発達心理士の村中由紀子氏より、「子どもの心の土台を育む〜家族心理学的な視点から〜」と題した講話がありました。幼児期、小学校期、中学校期どの過程においても、子どもの心の発達に母親の存在は大きく、とりわけ幼児期に深く関わりがあること。子どもの甘え、依存を「無条件に」満たすことがとても重

岡山大学教育学部

附属中学校​PTA

© 2018 岡山大学教育学部附属中学校PTA