岡山市交通安全母の会連絡協議会50周年記念大会参加


〇加害者・被害者・誘発者にならない、させない。   〇子どもの視野・約90度で狭い。大人の視野・150~160度。   〇高齢者は車に乗る時、乗用車の窓を約1~2センチ開け、救急車などの音対策を。   〇車の免許返納には、準備期間を設け、夫や妻よりも、子どもから働きかけてほしい。


Recent Posts

See All

7月8日、三勲学区交通安全母の会第1回理事会に出席して参りました。 郷司会長のご挨拶の中で、「とまとの約束」=「止まって・待って・飛び出さない」というお話がありました。自転車は、軽車両に位置付けられ「車のなかま」ですので、信号のない交差点などでは、交通ルールを遵守し、一旦停止して左右の安全確認を行うなど、安全運転を心掛けるよう、子どもに声掛けをとのことでした。 引き続き、各学校園からの活動報告、研

6月7日(火)、日頃お世話になっている近隣の商業施設へ教頭先生と厚生委員長でご挨拶に伺いました。 今年度も訪問先を以下のように、幼稚園・小学校・中学校と分担して回りました。 幼 : 門田交番・フレスタ 小 : 文林堂・旧服部たばこ店 中 : パークス・デイリーヤマザキ マナーを守り登下校できている一方で、送迎や行事の際に商業施設の駐車場に長時間駐車している車も見受けられるので、査察で注意喚起をして

5月20日、三勲学区交通安全母の会理事総会に出席して参りました。 来賓の中央警察署の方より、昨年度の交通事故の報告や近隣での危険箇所についてのお話がありました。 特に  ・新鶴見橋西詰  ・トマト銀行平井支店前の交差点  ・エディオン東川原北側の道路  ・原尾島三丁目交差点   など は交通事故が多いとのことでした。 通学路の危険箇所について、ご家庭でも話題にしていただければと思います。 今

岡山大学教育学部

附属中学校​PTA