PTA研修会 岡山学芸館高校見学


 10月23日(月)、PTA研修会・岡山学芸館高校見学を開催いたしました。

岡山学芸館高等学校より頂戴しましたこの企画は、本校だけの保護者向けプログラムとなっております。

 見学当日は、まさに台風一過。前日までの嵐がうそのように、澄みわたった青空が広がる秋晴れの一日となりました。

JR西大寺駅から、徒歩で坂道を上がってまいりまして、一番にとびこんできましたのは、前日までの台風で散ってしまっていた落ち葉を黙々とほうきで清掃されている生徒さんの姿でした。そして気づかれますと、こちらに向きなおり、笑顔とともに「おはようございます。」と、気持ちのよい挨拶をしてくださったのです。大変清々しい気持ちで学芸館高校の門をくぐらせていただきました。

 学舎に一歩、足を踏み入れますと、緑が多く、木の温もりが感じられる教室が印象的でした。窓ガラスまで美しく、ピカピカにされている様子に、生徒さん方の規律正しい生活を垣間見た気がしました。

 先生方のご説明では、各コースの特色や生徒さんお一人おひとりを、個々にあわせて、丁寧に育てたい、伸ばしたいという強い思いが伝わってきました。

 また、先生方のお話より「SGH=スーパー・グローバル・ハイスクール」指定校ということも、魅力を感じたことの一つです。大学入試も変革の時期を迎える中で、今までの「覚える」学習から脱却し、これからは、「考える」学習スタイルを身につける必要があると思います。「SGH」の取り組みでは、正解のある問題を一人で解くのではなく、正解のない問題をチームで考える体験ができる。これは、大学入試だけでなく、社会人として必要不可欠な能力の育成にもつながる、生きた学びが体得できるのではないかと感じました。


 最後に森参与のお話を聞き、母親としてハッとさせられることが多々ありました。日々、我が子の会話に耳を傾け、家族の気持ちに寄り添い、家の中のお日さまであるよう努力したいと身の引き締まる思いがしました。

 皆さまの志望校を決める上での一助となれば幸いです。



岡山大学教育学部

附属中学校​PTA

© 2018 岡山大学教育学部附属中学校PTA